ニキビ

MENU

保湿が肌をダメにする!ニキビ改善のカギは「保湿しない」こと?

美容に関する情報が多く発信されるこのご時世。

 

「洗顔はお湯より水の方がいい!」という情報があるかと思いきや、「水洗顔はNG!ぬるま湯で洗顔しましょう。」といったまったく逆の美容法を推奨する情報も存在します。

 

そんな数多くの情報の中から本当に正しいものを選び抜くのはなかなか難しいもの。

 

そもそも、分からなくて正解が知りたいから調べているわけですからね(笑)
真逆の答えを出されてしまっては混乱してしまうものです。

 

私が最近目にした情報の中にも、これまで正しいとされていた美容法とはまったく異なるものがありました。

 

それが「洗顔後すぐに化粧水を塗らないようにする」というもの。

 

これは洗顔直後にスキンケアをしてしまうと、お肌が水分を出さなくてもいいと勘違いをしてしまい、自らの水分を出さなくなってしまうから、ということなんだそうで、肌自らがうるおいを作り出す“癖付け”をするために必要なことだという理屈なんですね◎

 

ちなみにこのコラムは、ニキビにお悩みの人向けに書かれていたものなのですが、特にニキビができやすい人(=毛穴が詰まりやすい人)は、洗顔後すぐに保湿クリーム等を塗ってしまうと毛穴の出口を塞いでニキビが悪化してしまうため、それを防ぐためにも洗顔したあと30分は何も塗らずに過ごし、30分程度の時間が経ってから化粧水だけを塗ってあげるようにしましょう、とその記事には書かれていました。

 

これまで見たきた情報には「保湿は時間が勝負!」、「洗顔後3分以内に保湿することが大事!」といったようなスピーディーな保湿の必要性を説くもの多く見られたので、目からウロコ的な印象ではありますが、“肌断食”という言葉もあるくらいなので、このようなお肌を甘やかさないスキンケア法も有効であるということなのでしょう。

 

入念な保湿が肌をダメにする。
この考えもまったくの見当違いであると断言することはできなさそうですね。

 

意外と知らない!収れん化粧水の正しい使い方とは?

 

開いた毛穴を引き締めてくれる「収れん化粧水」。

 

毛穴の引き締め効果だけでなく、皮脂量をコントロールしたりキメを整えたりと、お肌に良い影響をもたらしてくれる収れん化粧水は、まさに毛穴悩みのレスキューアイテムと言えるでしょう◎

 

ですが、この収れん化粧水。
意外と間違った使い方をしている人が多く、きちんと使いこなせている人が少ないのが実際のところ。

 

「化粧水」というと洗顔後にすぐ付けたくなるものですが…実は、収れん化粧水は通常の化粧水とは塗付する順番が異なり、化粧水や乳液でお肌を整えた後に使用するのが効果的な使い方なのです。

 

保湿目的で使用する化粧水と毛穴を引き締める収れん化粧水は目的が異なるため、付ける順番も変わってくる、というワケなんですね♪

 

また、収れん化粧水は瞬時に毛穴を引き締めてくれる優秀なアイテムである一方で、主成分として使用されることの多い“メントール”や“エチルアルコール”は、敏感肌の人が使用すると刺激を感じたり、赤みが生じてしまう場合があります。

 

ですので、安全に使用するためにも顔に塗付する前に必ず腕の内側等でパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

ちなみに収れん化粧水は毛穴を引き締める効果こそ期待できますが、毛穴の開きを根本的に解決してくれるものではありません。

 

毛穴が開いてしまう原因を突き止め、根本的な解決にも目を向けるようにしましょう◎

関連ページ

ファンデーションがお肌を守る?!ノーメイクが危険なワケとは?
ノーメイクが危険な理由をまとめました。